ご予約・お問い合わせはコチラまで☺ 011-555-6232

代謝アップ!ダイエットにもおすすめの生姜レシピ♪

こんにちは(^^)

まだまだ寒い季節なので、今日はこの時期特に食べた方が良い体を温める食べ物と
逆に避けた方が良い体を冷やしてしまう食べ物の例、そして体温を上げる為に効果的な生姜を使ったレシピをご紹介しようと思います(^^♪

寒い時期以外でも『カラダの芯から暖める』ということを考えると
普段から体温を上げる食材を気にしていた方が良いですね☺

がじ店長
がじ店長

冷えは代謝を下げ、太りやすい体質を作ってしまうので要注意です!

体を温める食べ物&体を冷やす食べ物の違い

生姜レシピの前に
そもそも体を冷やしてしまう食べ物と温めてくれる食べ物の違いを知っておきましょう!

わかりやすく説明しますので基本的なことを頭に入れておくと便利ですよ☺

体を冷やし、太りやすくなってしまう食品の一例

がじ店長
がじ店長

最初に体を冷やしてしまう食べ物から!
普段から取りすぎていないかチェックしてみましょう☆

体を冷やしやすい食材の特徴としては

基本的には白や青、緑などの寒色系の物
比較的柔らかい
暑い地域や暑い季節に収穫される物に多いです。

『陰性食品』とも呼ばれます。

陰性食品の例としては

  • 牛乳、バター
  • うどん
  • 白パン
  • 白ワイン、ビール
  • 緑茶、コーヒー
  • 白砂糖、洋菓子
  • 葉野菜
  • 暖かい地方の果物(バナナ、スイカ、イチゴ、メロン、パイナップル、マンゴー等)
  • 夏野菜(トマト、きゅうり、アスパラ、レタス、ナス等)
  • 大豆、豆乳
  • 白ゴマ
  • 酢、マヨネーズ
  • 脂身の多い肉や魚

誤解してほしくないのは、陰性食品が体に悪いという事ではありません。

もちろん陰性食品にも栄養はありますので、地域や季節に合った食べ方をするのであれば問題ありませんが、必要以上に取りすぎてしまったり年がら年中取り続けている場合は食生活を見直してみる必要がありますよ☺

体を温め、代謝アップしてくれる食品の一例

がじ店長
がじ店長

では次は体を温めてくれる食品です!

陰性食品と比較しやすいように、同じ項目順で書いていきます☆

体温を上げてくれる食品の特徴は

基本的に暖色系
固めの物
寒い地域や寒い季節に収穫される物☆

これらは『陽性食品』と呼ばれています。

陽性食品の例としては

  • チーズ
  • そば
  • 玄米
  • 黒パン
  • 赤ワイン、黒ビール、紹興酒、ブランデー、熱燗、梅酒など
  • 紅茶、ココア、ウーロン茶、ハーブティー、昆布茶など
  • 黒砂糖
  • 根菜、海藻
  • 寒い地方の果物(リンゴ、ブドウ、サクランボ、プルーン、梅など)
  • 冬の野菜(人参、ネギ、小松菜、かぼちゃ、生姜、ゴボウ、大根など)
  • 納豆、あずき、黒豆
  • 黒ゴマ
  • 塩、みそ、しょうゆ
  • 赤身の肉や魚

現代の日本人は1年を通して陰性食品を多く取っている傾向があります。
ダイエットの為に痩せやすい体質を作りたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね(*^▽^*)

体を温める食べ物の代表と生姜!効果抜群の生姜レシピ

たまこ先生
たまこ先生

おすすめの生姜レシピの中から2品紹介するよ☺
健康、美容の両方に効果の高い生姜だから是非食べてみてね☆

【メインのおかず】ジンジャーステーキ

◆材料(2人分)◆

ステーキ用の牛肉(できれば赤身)…2枚

A 酒…大さじ1
生姜のすりおろし…大さじ2

B もやし…1/3袋
パプリカ…1/8個

塩こしょう…適量
インゲン…6本
オリーブオイル(なければサラダ油)…大さじ2
油は全工程合計で大さじ2を目安に使うので、一気に使わないようにしましょう

C しょうゆ…大さじ1
生姜の千切り…15グラム
バター…大さじ1

◆作り方◆
1:牛肉の筋切りをして、Aをまぶして1時間ほど放置。
赤身の肉は固めなことも多いですが、すりおろし生姜をまぶしておくことでお肉が柔らかくなりますよ☺

2:Bをオリーブオイルで炒め、塩コショウで味付け。
インゲンは塩ゆでしてから軽く炒めておく。

3:フライパンにオリーブオイルを足し、牛肉を焼く。
まぶしておいた生姜はそのまま焼いた方が良いです。

4:2の付け合わせ&3の牛肉をお皿に盛り付けた後、フライパンにCを入れて中火で熱する。
生姜の香りがしてきたら牛肉にかけて完成です☆

こたま先生
こたま先生

生姜&お肉と言えば『生姜焼き』が大人気だけど

栄養が高くて低カロリーな牛肉もオススメだよ!

お手軽簡単!生姜ドレッシング(和風)

『ご飯の前に野菜を食べる!』

これはダイエットしている人にとっては常識のようになっていますが
この『野菜』はほとんどの人がサラダではないでしょうか?

野菜をたくさん食べる事は良い事ですが、生野菜の場合は体を冷やしてしまいますので
体をしっかりと温める生姜を使ったドレッシングがお勧めですよ☺

たまこ先生
たまこ先生

生姜ドレッシングは材料を全て混ぜるだけの簡単工程☆
生野菜はもちろん、温野菜やお肉料理にかけても美味しく食べられるよ♪

◆材料◆

生姜のすりおろし…大さじ3
玉ねぎのすりおろし…大さじ3
しょうゆ…大さじ6
酢…大さじ3
ごま油…大さじ3
砂糖…大さじ1
オリーブオイル…大さじ6
塩…小さじ3/4

少し高価ですがオリーブオイルの代わりにアマニ油もOK!
味や匂いが気にならなければ、オメガ3の豊富なえごま油を使っても良いです☺

注意点としてはアマニ油やえごま油は熱に弱く、熱すると酸化しやすいので加熱する料理にはオススメしません。
今回のドレッシングは加熱無しですのでお好みで良質なオイルを使ってくださいね(^^♪

体を温めてダイエット&代謝アップ!生姜レシピ♪まとめ

たまこ先生
たまこ先生

それでは今日のおさらい☆まとめです☺

・現代人は、知らず知らずのうちに体を冷やす食材を取りすぎている傾向があるので注意が必要!

・体を冷やす食材を『陰性食品』といい
特徴としては、寒色系の色、比較的柔らかい、暖かい地方や暖かい時期に収穫出来る物に多い。

・体を温め、代謝を上げる食材を『陽性食品』といい
特徴は暖色系、固くてしっかり、寒い地域や寒い時期に収穫出来る物に多い。

・それらを食べる場所や時期を考える事でダイエットや健康に効果的な食生活が出来るようになる。

体を温める効果がとても高い生姜レシピがおすすめ!
特に生野菜など、体を冷やしてしまう可能性が高い食材を食べる時は生姜ドレッシングで体を温めてあげましょう(^ω^)